今日は7年生の卒団試合。そう、昨年のコロナ禍、当チームは4月~9月まで活動停止し、6年生たちに思い出を作ってあげることができませんでした。そこで、大人たちが奮起。都内で同様に活動停止期間が長かったチームをお招きして、本日、卒団試合を開催することができました。6年生はもう7年生。カクテル光線に照らされて、ひとりひとりが輝きました。

卒団生の2発を含む3本塁打で16-4の快勝。「野球をやって、良かったね」と、胸を張れる成果を残しました。

在校生も今日は別の試合で16-0の勝利。明正小、喜多見小、成城学園、慶應、ことなる学校の子どもが一致団結して躍動。1日2勝で春休み最後の思い出を作ることができました。

成城ノーティヤンガースは、子供の野球の思い出づくりに全力で取り組みます。喜多見小も参加して、一緒に活動する仲間も50人を数えるようになりました。まだまだメンバー募集中~!。あなたも、私たちと一緒に、野球をしませんか?

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。