成城ヤンガースの特色

・世田谷区明正小学校を活動拠点とする少年少女野球チームです。

・近隣の公立・私立の小学生が、1年生から6年生まで活動しています。

・45年の伝統に支えられて、子どもたちが楽しく野球がうまくなる環境をととのえています。

・日曜日は明正小学校で活動し、土曜日は外部グラウンドを使用しています。活動頻度はその年のチーム状況によります。

・運営は、保護者によるボランティア活動です。月に1・2回活動見守り当番があります。これは、明正小学校のグラウンド管理ルールに則り、グラウンドの美化、戸締りに配慮することと、ケガ発生時の選手保護者への連絡を目的としたものです。

・近年の部員数は10〜15名。レギュラーになれるかなれないか、ちょうどいい部活環境です。以下の通り、野球をやってみたい子どもたちを募集しています!

成城ヤンガース部員募集‼︎

もし成城学園前ほか沿線にお住まいで、お子さまが野球に興味がおありでしたら、成城ヤンガースの体験練習に参加してみませんか?

緑ゆたかな成城地区にある明正小学校の広々としたグラウンドで、本物のボールを打ち、投げて、ベースをかけめぐれば、野球が大好きになるにちがいありません。

部活動に参加することで、普通の習い事や学校行事では得られない、チームワークを学ぶことができます。また、努力をしてうまくなる、仲間と励ましあって上達する。そうしたことを体験できるのも、この落ち着いた町に本拠地をおき、45年活動してきているヤンガースの良いところです。

「少年野球って保護者が大変なんでしょう?」

時にそのような声を耳にします。しかし成城ヤンガースの場合は少しちがいます。それは、監督は全て元選手の保護者、コーチは全て現役選手の保護者だからです。チームの運営は、選手の意欲に応じ、保護者が対応できる範囲で行われます。

体験練習にお越しの際には、部活動への保護者の関わりについて、丁寧にお話させていただきます。ご質問はどうぞご遠慮なくお寄せください。

成城ヤンガース

設立:1975年、代表:溝口 孝一、会長:林 秀行、総監督:津元 頼光、監督:森田 敏裕、助監督:斎藤 廣美、コーチ:保護者父兄の皆さま

部費:3,000円/月

保険:選手用スポーツ保険(球団負担)と保護者用同保険(1,800円/年)の用意があります。

入部後にご家庭でご用意いただくもの:練習用ユニフォーム、シューズ、リュック、タオル、飲食物など

球団からの貸与もございますが、ご家庭での購入が比較的多いもの:バット、グローブ、試合用ユニフォームなど

球団にあるもの:ヘルメット、ネット、マシン他練習道具一式、防寒着、審判用具、公営グラウンド予約カードなど